インドア日記

ひきこもり系オタクのアウトプット置き場。アニメ、ゲーム、読書感想など。思いついたことを書いたりしています。

感想『わたしを離さないで』★★★★☆

 

 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

 

 

 タイトルは知っているけど読んだことないので、読んでみた。

 

 

 もうすぐ介護人という仕事を辞めるキャシー・Hが自分の半生を振り返る形で物語は進んでいく。文体は落ち着いていて、淡々としている。

 冒頭から「提供」とか「介護人」など不穏な単語が散りばめられているが特に説明がされることなく、キャシーがまだ子供だった頃、ヘールシャムという学校の生徒だったころから始まっていく。

 びっくりしたのが、海外の小説だからもっと直接的に感情をぶつけあったりするのだろうと思っていたのに、それが無かった。

 キャシーという女の子のスタンスなのかもしれないけど、空気を読んで相手の地雷――ここを突っ込めば相手は怒って今までの関係が無くなってしまうだろうなというラインといったほうがわかりやすいかな――がわかっていて、それが避けながら付き合っていたことだった。

 喧嘩もわかりやすく発生するものではなく、仲直りも「ごめん」と素直に謝って終わるでもなく「自分はもう怒っていないですよ」という雰囲気をいかに相手に伝えるかだったりした。それが意外だった。(でも子供ってそんな感じかもしれない…。大人が思うような子供じゃないのだ…)

 そしてそれは作品全体に対しても同じだと思った。

 核心を直接的に伝えるのではなく、核心の周りを丁寧に描写することで読者に伝えたいような…そんな感じがした。

 それはヘールシャムの先生たちが生徒たちに行う説明と同じような気がした。

 

 

 驚いた点その2として、このお話は子供たちが背負う使命の内容からSF風味だけど、物語としては男女の三角関係のお話のように感じた。

 キャシーと親友のルース、トミーの三角関係。

 冒頭からてっきりキャシーとトミーの二人がくっつくのかな…と思っていたけれど、トミーとルースがカップルになる。キャシーは二人の良き親友、理解者であり続けて、何度か関係が壊れそうな危うい時もあったけど乗り越えてきたが、結局はキャシーは二人から離れて行ってしまう。時が経ち介護人として二人に再会するキャシーだったけど、最終的に二人は使命を果たしてキャシーの側からいなくなる。

 私としては、ずっと子供たちが背負っている使命と本のタイトル『わたしを離さないで』がどう結び付くのか。読む前までずっと不思議に思っていた。

 子供の頃のキャシーが好きな歌で『わたしを離さないで』という歌があり、作中でもその歌に関わる話がある。

 ストーリーを読み終わった後はタイトルを「わたしを置いていかないで」と、もっと単純に解釈してみたら、上記の不思議がスッキリした。

 キャシーのことが周囲から置いていかれていると感じたんだな。

 親友たちも最後には自分の周りからいなくなり、同じ使命を持っているのに介護人として優秀だから「お前にはわからない」と言われるようになったり…。

 そして彼女がヘールシャムという過去を語るようになったとき、それまでは相手も聴いてくれていたのに、段々と相手もその話題を避けるようになったのが印象的だった。

 キャシーが「過去」の象徴として置いていかれる感じがした。

 相手としては未来のことを考えていたいのに、あるいは今に対して向き合っていたいのに過去の思い出ばかり話されるのはなんとなく癪に障るのはわかる…。しかし、このキャラクターたちのことを考えたら未来に待っているのは…と思うと切ない。

 

 

 驚いたポイントその3としては、これは勝手に決められた運命に抗って戦う物語ではないということ。

 子供たちが背負っている使命に関して言えば…割とこういう話はよく見かけた。

 未読だけど『約束のネバーランド』とかそういう話しっぽい。

 だからてっきり、戦って自分たちの運命を勝ち取るのかな…と思っていたけど、そんな話ではなかった。

 子供たちは普通の子供と同じように教育を受け、普通の子供の成長と同じように性に目覚めて誰かと付き合って…そして大人になって葛藤はしたりしただろうが、使命を受け入れていく。

 嫌だったら逃げればいいじゃん! 大人なんだし戦えばいいじゃん!とも思ったりもしたんだけど、それは反抗する相手がわかっている場合だからできることなのかもしれない…と思ってしまった。

 

 

 冒頭ではキャシーが仕事をもうすぐ終えて、読んでいるこちらから見れば穏やかな休みが待っているだろうと思っていたけれど、最後まで読んでみると、彼女には使命が待っている。淡々とした落ち着いた文章も、その使命を受け入れているというあらわれだったりするのかなあ…。

 

 

 この作品のラストはハッピーエンドであるとは言えないし、でも単純にバッドエンドだとも言えない。衝撃的なラストでもない。言葉にできない読後感でいっぱいになってしまった。

 

 

2019年夏はきゅうり祭りだった。

今週のお題「夏を振り返る」

 

 2019年の夏は、きゅうり祭りでした。

 

 冷夏と言われていたのに40℃近い気温をたたき出したお天気とか、普段は野球なんて見ないのに星稜高校が気になって甲子園を見ていたとか、山に行って久しぶりに日焼けしてヒリヒリしたとか色々思い出はありますが、今年の夏の最も印象的なことはきゅうりでした。

 

続きを読む

なぜ1話にして腹筋崩壊太郎ロスに陥ってしまったのか考えてみた。

 

(『仮面ライダーゼロワン』1話の内容についてネタバレしています。ネタバレを知りたくない方はブラウザバックをお願いします)

 

 

 

 

 9/1に放送された『仮面ライダーゼロワン』。令和初の仮面ライダーを見た。

 売れないお笑い芸人から祖父の会社の社長になった或人。黒髪セミロング美少女社長秘書ロボのイズちゃん…などなど個性豊かなキャラクターたち。豪華な俳優、声優。そしてどこか原点回帰したような変身…と1話全体から令和の仮面ライダーを絶対盛り上げるぞ!という気迫を感じた。

 ジオウロスに陥っていた自分だけど、これは面白い物語になりそうと期待できた1話だった。

 しかし1話で一番インパクトがあったのが、腹筋崩壊太郎だった。

 腹筋崩壊太郎である。

 

 中の人の存在感と一度見たら忘れられない名前がベストマッチして登場する前から公式HPの記述が一部で話題になっていたが、いざ登場した後、知名度が爆発した。

 ツイッターでは「腹筋崩壊太郎」やさらには「腹筋崩壊太郎ロス」の単語もトレンド入りしていた。

 

blogos.com

 

 インパクトを感じたのは自分だけではなかったらしい…。

 そこで人は…というと主語が大きいので、どうして自分は腹筋崩壊太郎ロスに陥ってしまったのか考えてみることにした。

続きを読む

お金の勉強したいから本読んで、わからないなりにとりあえず勉強になったこと。

 

 大人になって、もういい年だけどお金に対する知識が無い。

 どうやって勉強したらいいかわからない。

 そしてお金の勉強するリアルマネーもない。

 

 …などを言い訳に、漠然とした不安を後回しに生きてきたけど、この前図書館にいったら「経済」の棚にお金に関する本がたくさんあることを見つけた。しかも図書館だからタダで読める。お金が無いから勉強できないなんてことは無い、と反省した。

 

 とりあえず読みやすそうな本で「お金の貯め方」や「増やし方」とタイトルに書いてある本を読んでみることにした。

続きを読む

映画感想『カメラを止めるな!』 ネタバレあり感想。本作を見終わった後で制作裏話を聴くともっと面白い。

 

 口コミでどんどん評判が広がって大ヒットになった『カメラを止めるな!』を今更ながら見ました。

 この映画の評判が広がって気になってはいたんですが、巷の噂に従い、ネタバレは一切踏まずに今作を見ました。なんとなくゾンビ映画なのかな~ぐらいしか知らない状態を保ち見てみました。

(ネタバレありで感想を書いてあるので、注意!)

続きを読む

ウォズさんのこと気になりすぎて見続けた仮面ライダージオウ、最終回まで見た感想。

 

注・映画をまだ見ていない人が書いています。

 

 仮面ライダージオウの最終回を見て、その余熱でこれを書いている。

 

 平成仮面ライダーは母が見ていたクウガ・アギトをつられて一緒に見ることから始まった。母が卒業した後は水嶋ヒロのイケメンっぷりにつられてカブトを見るようになった。一番ハマったのがその次の電王。キバも見た。ディゲイトも見て最終回でおのれディゲイド…となった。翔太郎とフィリップのコンビが気になってWも見た。オーズはアンクの美しさにやられて見た。

 毎話欠かさず見ていたのはこの辺りまでで、私も仮面ライダー見るのを卒業し、気になるから最初は見るが続けてみる気力は無く、最後どうなるんだろう…と最終回だけ見るという風になっていった。

続きを読む

映画感想『セブン』

 うだるような夏の夜にはホラー!

 …はビビリの自分には怖いし、夏の夜はサイコサスペンス映画だ!

 …と洋画をあまり知らない自分でも名作と言われているの知っている「セブン」を見てみることにしてみた。

続きを読む