インドア日記

ひきこもり系オタクのアウトプット置き場。アニメ、ゲーム、読書感想など。思いついたことを書いたりしています。

映画感想『セブン』

うだるような夏の夜にはホラー! …はビビリの自分には怖いし、夏の夜はサイコサスペンス映画だ! …と洋画をあまり知らない自分でも名作と言われているの知っている「セブン」を見てみることにしてみた。

感想『紫式部日記』 ★★★★★ 現代を生きるこじらせ女子は紫式部から学べるところあるかもと思った作品。

きっかけ 以前NHKの知恵泉で紫式部を取り上げた回を見たとき「こじらせ女子」という切り口で紹介されていた。源氏物語を書いた才女というイメージしかなかったので、見ていてとても面白かった。 「もしかしてネガティブ人間の大先輩なのでは…?」という思い…

100均粘土で沖田さん作ってみた記録

きっかけ FGOで沖田さんをお迎えしたい!!! ので、ガチャ触媒を作りたかった。 ポテチの袋も鋏で切れないような不器用人間がなぜそんな無謀なことを思いついてしまったのか自分でも不思議ですが、ピックアップされるまでの間コツコツ作っていました。 これ…

2019春アニメの見終わった感想。

もう夏だよ!? 夏アニメも大分話数が進んでいる中、やっと春アニメを見終えました。 厳密にいうと冬アニメの2クール目で春アニメと言えないものかもしれませんが、見終わったアニメの感想ということでお願いします。

アニメ映画『ライオンキング』を見た。王道ストーリーとしての感想とライオンの生態を簡単に調べてみての感想。

「あ~にゃんば~にゃんばばば~」(空耳) ライオンキングの思い出は冒頭の唄とキングダムハーツでフィールドを走り回った記憶しかありません。大昔に見ていたはずなんですが! それじゃああんまりだということで、見直すことにしました。大人になってみたら…

【感想】『狂骨の夢』★★★★☆

読みました。 この〈百鬼夜行〉シリーズ。「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」と今回の「狂骨の夢」で3作品続けて読んだ形になったんですけど、今までとは違ったベクトルで読みづらさを感じてしまいました。 ちょっと簡単に整理してみると

【感想】『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』

ニュート・スキャマンダー(CV宮野真守)「ママだよ~」 自分「非の打ちどころのない可愛さだ…」(拍手パチパチ) 宮野ボイスのこの台詞だけで100点あげたいぐらいなんですけど、映画全体としても面白かったので真面目に感想書きます。 ハリーポッターシリーズは…

近所のカエル一匹がまだ鳴き続けている件について。

おそらくご近所さんのお庭に生息しているカエルが、7月に入ってもゲコゲコと鳴き続けている。 日記を見返すと6月の初めの方にはカエルの鳴き声が聴こえてきたと書いてあるから、そのカエルは6月いっぱいゲコゲコと鳴き続けていたことになる。 晴れた日も鳴い…

仮面ライダージオウの電王編を見て、生きていてよかったと思った。

「仮面ライダージオウ」の電王編を見た。生きていてよかったと思った。 なんでかというと、ジオウの電王編が「電王」だったからだ。昔リアルタイムで見ていたときのドキドキ感をまさかまた味わえると思わなかった。 ありがとうジオウ。

【読書感想】『姑獲鳥の夏』 ★★★★☆

姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス) 作者: 京極夏彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1994/08/31 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 464回 この商品を含むブログ (192件) を見る 前回『魍魎の匣』を読んで「これめっちゃすごい…。なんでもっと早く読んでおかな…

【読書感想】「武市半平太伝」

新装普及版 武市半平太伝 作者: 松岡司 出版社/メーカー: 新人物往来社 発売日: 2010/04/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 11回 この商品を含むブログ (2件) を見る 岡田以蔵にはまって以来、史実の情報を調べたり幕末の本を読んだりしてみた…

【読書感想】『魍魎の匣』★★★★★ もっと早く読んでおけばよかったと後悔するほど面白かった。

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫) 作者: 京極夏彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1999/09/08 メディア: 文庫 購入: 17人 クリック: 539回 この商品を含むブログ (337件) を見る 京極夏彦作品は、ちょっと手を出すのをためらうような分厚いイメージと小難しそ…

映画感想『ドクター・ストレンジ』 アベンジャーズ見たことない人間が見た、あたまのわるい感想。

アベンジャーズはアイアンマン含めて一切見てない人間です。 じゃあなんで『ドクターストレンジ』見ようと思ったの?と聴かれたら、エンドゲーム盛り上がってるらしいからちょっと気になるかな…という程度です。 あとベネディクト・カンバーバッチとマッツ・…

感想『ぼんくら』シリーズ。個性豊かなキャラクターと巧みな構成がすばらしい。★★★★★

ぼんくら(上) (講談社文庫) 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/04/15 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 49回 この商品を含むブログ (162件) を見る 面倒くさがりのぼんくら同心、井筒平四郎が主人公の時代劇ミステリー。 最初、鉄瓶…

映画感想『居眠り磐音』 物語良し殺陣良し松坂桃李良しで見ていて満足できた映画でした。

実は試写会が当たったので数年ぶりに映画館で映画を見に行きました。 iwane-movie.jp 試写会に応募するなんてこと自体久しぶりだったのですが、CM映像を見て「時代劇やってる松坂桃李なんかいいなあ…」と応募してしまいました。それでまさか当たったので、見…

刀剣乱舞プレイ感想『特命調査 文久土佐藩』 歴史的背景を勉強してから挑むイベントはおもしろかった。

4/24~5/15まで開催された刀剣乱舞の期間限定イベント『特命調査 文久土佐藩』 その期間中、毎日楽しく運命のダイスロールさせてもらった。(サイコロで行動回数を決められるゲームだったので)

母の日2019。

今週のお題「母の日」 今年の母の日は、母がやりたいと意気込んでいるつまみ細工の本をプレゼントし、夕食は私が担当しカレーを作りました。(料理下手な自分が献立を考えず作れるメニューがカレーなので) 私は元々面倒くさがりのものぐさ坊主で、大昔は母の…

インドア人間が出歩くのっていいなあ…と感じたGW2019

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 平成から令和の時代を跨いだゴールデンウィーク2019。 大きな旅行はしませんでしたが、県内の近場で色々なところに行って体を動かして、満足した連休でした。 やったこと。 ① 長野県に行った。 ② 街に行った。 ③…

GW2019旅記録。志賀高原へ。道の駅北信州やまのうち周辺をぶらぶら。

志賀高原に行って自転車に乗りたい。 という趣味・自転車のチャリダーである父に付き合って、長野県に行ってきました。 付き合うと言っても、体調管理担当サポーターの母と違い、ひまだからついてくべ~というノリの完全お荷物野郎としていきました。 これは…

平成最後の日。インドア人間の振り返り

平成最後の日だから何か書き残したくなって、ブログを書いている。 今日はテレビでは「平成最後」で持ちきりだった。 私はどちらかというと「元号が変わって時代が変わっても何かがすぐに変わるわけないのに」と斜めに見るタイプなんだけど、それじゃあイカ…

今年の目標頑張っていないので見直し。ソシャゲがんばらない宣言。

今年も4月に入りました。もう4か月過ぎました。時の流れの速さにぶるぶると震えております。 ところで今年に入ってからのブログにこんなことを書きました。 yuzuponnz.hatenablog.com

読書感想『卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし』 ★★★★☆

(タイトルのところに、個人的読んで面白かった度を星で表わしてみました) 最近時代小説を読み始めるようになり、母からオススメの作者さんを紹介されて、その人の著書を眺めているうちに目に留まった一冊。 タイトルから「卵のふわふわ…って何ぞ? どんな話…

2019年、4月1日のこと。

新元号は「令和」だった。 世の中のブームに乗り遅れることに定評がある私だけど、今日はテレビの前にスタンバって映像でしか見たことがない元号を発表するあのシーンを見ようと、今か今かと待ちわびていた。お昼ご飯を食べながら。 そしてきちんと生放送で…

読書感想『勝海舟』

どうも、お久しぶりです…。 2月全くブログに手を付けていなかったことにびっくりしております。 そんな2月はこの本をぼちぼち読んでいました。 勝海舟(一) (新潮文庫) 作者: 子母沢寛 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1968/12/03 メディア: 文庫 購入: …

読書感想『書楼弔堂』シリーズ。

文庫版 書楼弔堂 破暁 (集英社文庫) 作者: 京極夏彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/12/16 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る 書楼弔堂 炎昼 作者: 京極夏彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/11/25 メディア: 単行本 この商品…

【感想】おっさんずラブはおっさんの皮をかぶった少女漫画だった。

世間の流行に乗り遅れることに定評のある私だけど、ブームになった『おっさんずラブ』をやっと見終えることができた。 シンプルながらもパンチ力を感じるタイトルから、BLアニメも放送されてる今、とうとうBLドラマも地上波で始まるのか…とドキドキしながら…

読書感想『絵金、闇を塗る』

絵金、闇を塗る 作者: 木下昌輝 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2018/07/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 幕末に実在した土佐の絵師、絵金を中心とした連作短編集。 この本で絵金という絵師の存在を初めて知りました。勉強になりました…。…

2018年秋アニメ見終わった感想。

年が明けてもうずいぶん経ってしまって今更だけど、秋アニメ見終わったので、見たアニメの感想書きました。 この感想を書いておかないと冬アニメ見れないのだ…。 1.Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 超面白かった。 絶対続きが気になるから撮りためて一気…

2019年、今年の目標。

今週のお題「2019年の抱負」 あけましておめでとうございます。 去年の年末、自分の豆腐メンタルがぐしゃぐしゃになりまして、気持ちが落ち込み何もやる気が出ず、週一ぐらいはブログの更新をしようと決めていたのですができませんでした。 多分冬季性うつも…

2018年、今年の目標振り返り。

これだけは今年中に書いておきたくて年末の大晦日に慌ててキーボード叩いてる。 今年――2018年の目標は『体力をつける』だった。 〈どうしてこの目標を建てたのか〉 ① 疲れやすい体質の改善 ② 体を動かすことによって豆腐メンタルを鍛えたい 〈何をしたか〉 ①…