インドア日記

ひきこもり系オタクの二次元記録用ブログ。アニメやゲーム、読書の感想を書いています。たまに日記的なものも。

アニメ感想『Code:Realize 〜創世の姫君〜』

 

 乙女ゲーム原作のアニメ。原作は未プレイ。

 乙女向けアニメは、見ようと挑戦するんだけどなかなか視聴完走することはできなかった気がする。全話見たのは、『アムネシア』と『神々の悪戯』と…他にもあったかもしれないけど、忘れた…。うたプリも見ていたんだけど、途中で辞めちゃったなあ…。

 

 乙女向けアニメを見るときは、お茶を飲みながら見ている。

 見ているこっちが恥ずかしくなって「茶! 飲まずにはいられない!」となり、お茶が必要なのだ。ツッコミいないギャクみたいなものもあるよね…。

 

 世の乙女たちは素面でこれを見ているのかすごいなあ…なんて思ったものだけど、今回の『Code:Realize』はお茶飲まずに見ることができた。

 謎を追うようなストーリーだったからかもしれない。

 

 面白かった度 ★★★☆☆

 

 主人公は、猛毒をその身に宿す女の子、カルディア。怪物と呼ばれている。

 彼女を盗みにやってきた泥棒ルパンに連れ出されて、外の世界を知っていき、謎の組織に狙われたり、自分自身知らなかった秘密を知っていくんだけど…。

 …めっちゃ王道。ベタ! だが、そこがいい! な話だった。

 

 

 主人公のカルディアが、まず可愛い。

 乙女ゲーム原作のアニメって主人公の女の子みんな可愛いんだけど、このカルディアちゃんも可愛かったなあ。 

 カルディアを連れ出したルパンも、王道ヒーローみたいでよかった。FF9のジタンを思い出した。怪盗紳士っていいよね…。中の人の前野さんボイスが聴いていて、すごくよくて、もっとルパンのボイス聴いてみたいなあと思ってしまった。

  

 

 ところどころ説明不足感があった気がするけど、最後まで楽しく見れました。(あの女騎士みたいな人、なんなんだろう…。とか)

 原作ゲームやってみたらもっとよくわかるのかもしれない。

 今まで乙女ゲームなるものは遊んだことは無いんだけど(サモンナイトとかは遊んだことあるんだけど)、遊んでみてもいいかも…。ルパンのボイス聴きたいなあ~。

 

 

【追記】

 前述した通り、私は乙女向けアニメをお茶を飲みながら見ていたんだけど、それは「見ていられない!」ってところがあるからお茶を飲んで画面から目を逸らしていたってことだ。

 例えば、俺様系ヒーローがいて壁ドンして、女の子を困らせるようなことを言って、女の子困惑…みたいな王道なシーンがあるとしたら、「も~何言ってんだコイツ~殴れ!」って私は思ってしまうことがある。俺様ツンデレヒーローは嫌いってわけではないんだけど。

 そういうの、なかったから自分的によかったのかもしれない。主人公一味は家族みたいな感じだったからねえ…。