インドア日記

ひきこもり系オタクの二次元記録用ブログ。アニメやゲーム、読書の感想を書いています。たまに日記的なものも。

映画感想『シン・ゴジラ』

 

 すっごく今更なんだけど、映画の『シン・ゴジラ』を見た。

 映画館で『シン・ゴジラ』やっていたときのブームに乗らず、地上波で放送されていたときも途中から見ただけで、最近やっと最初から最後まで通して『シン・ゴジラ』を見た。

 

 なんかすっごいもの見てしまったなあ…。

 

 というのが、私の感想です。

 

 

 語彙力が無い口下手説明下手なオタクだから、何がどうすごかったのか自分でも言語化できなくて悲しいけど、とにかくすごかった。

 見終わった後は、頭が痛かった。恐らく集中して見ていた結果、酸欠になっていたんじゃないかと思う。

 

 

 うまく文章にできないから箇条書きにしてみる。

・すごくリアル。リアルさを感じた。

・セリフが難しくて、何を言っているのかよく理解できないが、言っていることは何となくわかる。

ゴジラは割とすぐに現れる。冒頭は平和な日常シーンがあるだろうという思い込みがぶちこわされる。だがそこがいい。冗長なシーンはないと知る。

・恋愛要素なし。なくてよし! 不要だ!

・内閣総辞職ビーム! 誰がそこまでやれと言った。

無人在来線爆弾が出てきたときは燃えた。

・ビルを爆破しゴジラを倒れさせ、クレーンでゴジラの口を固定、血液凝固剤を流し込むという対ゴジラ作戦が手に汗握った。字面にすると地味だけど、このシーン、燃えた。

・リアルさを感じるので、建設機械部隊がゴジラのビーム受けたところなんか、誰の悲鳴もないのに、痛々しく感じてしまった。

ヤシオリ作戦に成功しても、静か。でも、じーんとしてしまった。

・最後、尻尾に人みたいなの生えてきているけどどういうこと…? あ、終わりですか…。そうですか…。

 

 

 ゴジラを中心とした群像劇だからか、淡々と物語が続いていくように感じた。

 日本を守る、日本国民を守る仕事として登場人物たちはゴジラを黙々と対処していく。(そういえば、どうしてこんなことになったんだ!とパニックシーンがあってもよさそうだけど、無かった。この映画は人間が感情をあらわにするようなシーンがあまりなかったような気がする)

 特殊能力などないし、熱い友情や恋愛もなかったけれど、その姿がすごくかっこいいと思った。(描写されていないだけで、登場人物たちにも家族や恋人はいるだろうし、その人たちを守るために戦っている人もいるだろう)

 

 少し目から鱗でした。主人公に守るべき恋人がいて家族がいて、その人々を守るために戦うという物語はたくさん見たことがあるのですが、そういうバックグラウンドを感じなくても、キャラクターをかっこいいと思えるんだ、と。

 

 

 どんな人であれ、国を守る、国民を守るという一生懸命な姿はかっこいい。

 平泉成が頭を下げているシーンもかっこよかったです。

 

 

 なんかね、思ったこと感じたことがまだまだたくさんあるのですが、言語化できない。 

 語彙力のない一人のオタクとしては、なんかすごいとしか感想が言えません。

 だったら、ブログに書かなくてもいいんじゃないかとも思ったが、「なんかすごい本当にすごい。シン・ゴジラを見た衝撃はすごかった。私はすごいと思ったんだ。2016年の映画はすごかったんだ」という感想を書き残したくて、ブログを書きました。