インドア日記

ひきこもり系オタクの二次元記録用ブログ。アニメやゲーム、読書の感想を書いています。たまに日記的なものも。

2018年春アニメ、1話見た感想。

 2018年春アニメ、そろそろ2話が始まるころになり、個人的に気になるアニメの1話を見終えたので、感想を書いていきます。

 今回も春アニメを網羅しているわけではないので、あしからず、です。

 

 

 

1.多田くんは恋をしない

 

月刊少女野崎くん』のスタッフが贈る、動画工房オリジナルアニメ。

 野崎くんの原作読んでいて、アニメもまた良作だった。でも野崎くんは原作ありのおもしろさだったけどオリジナルアニメはどうなんだろう、と疑問に思ってしまっていたけど、1話を見て、すっと引き込まれてしまった。

 謳い文句通り、作品の雰囲気が野崎くんと似ていて、緩いコメディだったので見やすかった。主人公も声も同じで、朴訥とした感じが似ていた。

 まず、ヒロインのテレサちゃんが可愛い。声も含めて可愛い。多分、身分を隠して来日してきた王女様なんじゃないだろうか、と予想してみる。1話は、多田くんがテレサちゃんを放っておけずに話が進んでいったけど、この後の話もそんな感じで進んでいきそう。でもタイトルは『多田くんは恋をしない』なので、多田くんの過去に何かあったのかもしれない。

 あとマスコット猫にニャンコピックって猫が登場していたんだけど、このニャンコがめっちゃ可愛かった。抱きしめたいでっぷりさにつぶらな瞳。久しぶりに一目ぼれした、可愛いマスコットキャラだった。

 見たいアニメ多いので0話切りしようかと考えていたけど、見てよかったと思えたラブ(?)コメだった。視聴継続してみる。 

 

 

2.ペルソナ5

 

 ペルソナシリーズはゲーム未プレイ。ペルソナ4は、ザ・ゴールデン含めてアニメ視聴済みで、ペルソナ4アニメがおもしろかったので、5も見てみようと思った。

  ゲーム未プレイだから仕方がないとはいえ、1話よくわからなかった!

 まだわからないけど、4に比べて雰囲気がハードモードっぽい。

 ただ今まで無表情でぼんやりとしていた主人公が、最後ペルソナを呼び出して笑ったシーンがギャップもあり、かっこよかった!! 

『多田くんは~』でも高校生役で出てきた宮野真守だけど、ここでも高校生役で出ていて、でも演技が全然違うことに声優さんの演じ分けの技術を見ちゃって、「すご~い」と素人目線ながら思ったりしました。

 

 

3.魔法少女 俺

 

 開始3秒で笑った。今期の魔法少女枠の一つ。

 ムキムキ男子がフリフリコスチュームを着たイラストを見たときから気になっていて、ニコニコで見れてよかった。

 どうやら主人公の女の子が魔法少女に変身するとムキムキ男子になってしまうみたい。魔法少女とは一体。

 マスコットがどうみてもヤのつく自由業の人だったり、反対に敵が可愛いマスコットみたいだけど、首から下がムキムキだったりと、魔法少女枠でもけっこうなカオスっぷりじゃないだろうか。主人公が魔法少女に変身して、1話が終わってしまったので、大変続きが気になります。

 ただ1話を見た限り、主人公の夢とか歌でちょいちょい尺を稼いでるように感じられたので、なんとか頑張ってほしいところ。

 

 

4.僕のヒーローアカデミア 3期

 

 原作は未読だけど、アニメは1期2期ともに視聴していて、3期ももちろん視聴完走するつもり。地上波夕方で放送しているから、リアルタイムで追っかけます。

 ヒロアカは、最初「え? ヒーローもの? 最近増えてるよね~。タイバニとかワンパンマンとか」と何の気なしで見て、1期の1話と2話でがっつり感動させられた。久しぶりに「主人公の成長物語」っていいよねと思わせてくれるアニメだった。見ているだけで手に汗握るのも、久しぶりだった。

 そして初めて、アメコミ風筋肉マッチョキャラが好きになったアニメだった。オールマイト、いいよね。

 1話は総集編ということで、今まで起きたことのおさらい、キャラの復習などで終わってしまって、これから何が起きるのかはまだちょっとわからなかった。林間合宿で何か起きるんだろうな。お気に入りのキャラはオールマイト、相澤先生、轟くん、あと常闇くんも2期で気になったので、頑張って活躍してほしい。

 

 

5.ゴールデンカムイ

 

 原作は未読…だったんだけど、アニメ放送記念にwebで期間限定で100話無料で読めるという謳い文句につられ、100話完走してしまったから既読済み。

 原作は、男臭そうっていう理由で避けていてごめんなさいって言いたいぐらいおもしろかった。100話読み終わった感想としては「変態が次から次へと出てくる」「アイヌ飯」「爺かっこいい」「ヒグマ強い」など。

 アニメ1話は杉元とアシリパさんの出会いだったので、まだアクが出ていなく、「あれ…なんか綺麗であっさりとした雰囲気だぞ…」と感じられてしまった。濃くなるのはこれから。ただ、CGのヒグマが浮いていたのがちょっと気になった。

 

 

6.デビルズライン

 

 試し読みでホイホイつられて原作は2巻まで読んだ。

 続きはアニメを見てからにしようかな、とアニメ期待していたんだけど、作画がちょっと気になってしまった。原作も荒削りな絵だけど、ストーリー好きだしあまり上手くない絵でも味があっていいんだけど、アニメは作画頑張ろうよ…。つかさちゃんの顔のバランスとかちょいちょい気になってしまった。あと戦闘シーンも早送りにした感がして、ちょっと…。

 1話も、回想シーンをちょいちょい挟んだり、ミスリードのモブ犯人を登場させるぐらいなら、原作1話の最後までやった方がいいんじゃないかな…と思ってしまった。そこ説明入れないと、安斎さんがいきなりキスしてきた不埒ものに思われるでしょ! 

 ただキスシーンはエロかった。声つきヤバい…。

 

 

7.鬼灯の冷徹 第弐期その弐

 

 サブタイトルから3期ではないっぽい。分割2クールだったのかな?

 こちらは相変わらずの安心安定のクオリティ。笑えて、地獄のことが勉強になった気がする、地獄の日常アニメ。

 ただ4月のこの時期、新入社員のニュースがテレビで流れていて、彼らのキラキラフレッシュさに目が潰れ自分が情けなく感じてしまうので、ニュースを見ないように気を付けていたんだけど、まさか鬼灯の冷徹で見せられてしまうとは思わなかった。

 あの小鬼たちも先輩なのか、と感慨深くなると同時に、テレビの前の自分はどうなんだろうと思わせられてしまって、あーー!。

 アニメはおもしろいです。視聴継続します。

 

 

8.Caligula (カリギュラ)

 

「なんだこれ、さっぱりわからんぞ」状態になった1話。

 まず主人公が何を言っているかもわからない。心理学、授業で少し習ったことあるからからちょっとはわかるけれども「お前は何を言っているんだ」と画面外からツッコミを入れた。

 心理学オタク(?)なのか友達と喋っている時も心理学のとある実験を例に挙げて喋っていて、「君、浮かない? 大丈夫?」と自分でも見るとこ違うな~と思いながら見ていたんだけど、途中で友達(と周囲のモブ)の雰囲気がガラッと変わる場面があって、「やっぱり浮いていたんじゃないかな…」と思ってしまった。違う? 違うか。

 アニメの「ペルソナ5」も同じように「さっぱりわからん」となったし、ペルソナと雰囲気が似ているなと思ったら、昔のペルソナのシナリオを書いた人が書いたものらしい。ゲーム既プレイの人のネタバレなし解説を見たら、人の心の暗黒面が焦点にあたるらしいので、見るのは気合が必要かもしれない。

 

 

 

まとめ

 

 冬アニメを見終わったとき、春アニメは、本気で見る本数減らそうと思っていたのに、全然減ってない。これでも泣く泣く0話切りしたアニメもある…。とにかく見たいアニメ、気になるアニメが多すぎる! 

 今回の春アニメ、「タイトルも内容も知らないけど、何となくアニメ見ておもしろそうだから見てみるよ~」というものよりも、「ずっと気になっていた漫画・ゲームのアニメだ。原作気になるから見てみよう!」というものが多い。だから、0話切りができないものが多いです。

 これ、全部追いかけられるのか? ネット配信と地上波録画を駆使して、追いかけられるもの追いかけていきます。