インドア日記

ひきこもり系オタクの二次元記録用ブログ。アニメやゲーム、読書の感想を書いています。たまに日記的なものも。

映画感想『帝一の國』

 

帝一の國

 

 菅田将暉くんや竹内涼真くん…といった今をときめく若手俳優さんたちがたくさん共演していた作品。

 原作は未読で、この映画の事前情報も若い男の子たちがフンドシで太鼓を叩くシーンがあるといったぐらいで(多分CMで見た)、ほとんど情報なしでこの映画を見てみた。

 

 

 

 すごく熱い映画だった…。

 

 上の画像を見ても分かる通り、皆、めちゃくちゃ濃い。

 それは映画の中でも同じで、今をときめくイケメン俳優さんたちが漫画から出てきた様な格好をして、漫画みたいな表現を全力で演技していた。かっこいいのに七三分け。かっこいいのにマッシュ。かっこいいのに漫画みたいな金髪長髪…。最初びっくりした。

 主人公の帝一は「勝つためなら何でもするという」青年で、それは帝一以外の人間も同じ(例外もいる)で、本人たちは真面目にやっているけど格好や表現のせいで暑苦しく、笑えてしまう。

 菅田くんの演技がすごいんだ。彼を最初に見たのは仮面ライダーWで、そのかわいさかっこよさに昔はときめき、最近は三太郎CMの鬼ちゃんかわいいとか思っていたのに、この帝一はすごく「悪い顔」していて笑ってしまった。同一人物だとは思えない。あと野村周平くんの漫画っぽい全力の演技がすごくおかしかった…。あの格好で全力の「よろちくびー!!!」は笑ってしまう。ずるい。

 もう一つ、「わ、すげえ」と思ったのはエキストラたちで、「起立、礼、拍手」の一連の動作がみんな揃っていてピシッとしていてかつ手短だった。そのシーンで主人公の戦場である海帝高校の異様さが一発でわかった。

 

 

 それで映画を見ていくうちに感じたのだけど、竹内涼真くんだけ何か浮いている。

 上の画像を見てもわかるかもしれないけど、七三、マッシュ、金髪長髪…のなかにいながら彼だけあんまり漫画から出てきた感じがしない。

 映画でも彼は、主人公を含め「勝つためなら何でもやる」キャラが周りにいながら爽やかで性格も良く、作中でも言われていたけど別の漫画からやってきたのかな…ぐらいに浮いている。

 でもそれはキャラの設定からそうで、他のキャラとは違い竹内涼真くんのキャラクターは貧乏家庭の出身で外部入学からやってきた生徒だからだ。名だたる家柄の高校生たちが多いこの高校で、キャラクターたちから見たら真逆の人間。浮くのもわかる。多分この映画だけではなくリアルでも浮くだろう。

 この設定とキャラの浮きっぷりがマッチしていて、うまいなあ~と個人的には感じてしまった。

 

 

 映画のラストもおもしろかった。

「本当の自分」「元の優しさを取り戻しましたよ」というような、よくある(?)終わりじゃなくて、野心を感じさせる終わり方はグット。

 

 

 もう一つ付け加えるならば、いつもテレビで千葉雄大くんの姿を見るたびに「かわいい」「彼はいつもかわいい」「どうしてあんなにかわいいんだ?」といつも思っていたけどこの作品の千葉雄大くんもかわいい。でもただ者ではない感じが出ていて、すごくよかった。

 

 

 なんだかミーハーな感想になってしまった…。

 だけど俳優さんだけでなく、ストーリー的にもぐっと引き込まれて「どうなるどうなる」と飽きが来ることなく楽しめた作品だった。