インドア日記

ひきこもり系オタクの二次元記録用ブログ。アニメやゲーム、読書の感想を書いています。たまに日記的なものも。

【FGOプレイ記録】ギル祭り、一人反省会。

 

 

 ボックスガチャイベント「バトル・イン・ニューヨーク2018」、お疲れ様です。

 自分は53箱開けました。

 やっぱり皆さん100箱近く開けているんだろうか…。これでも今回は気合入れていたので、弊カルデア史上最高記録更新したんです。去年のネロ祭りでは28箱だったので。

 保管庫に種火を入れて、プレゼントボックスに保管しておけば、しばらくサーヴァント育成のための種火周回はさぼることができます。

 

 

 

1.周回の思い出。

 今回のギル祭り、ストーリーではギルの「ごめんなさいね」発言により偽物説もあがりましたがオチは偽物とかそんな話ではなく…

 まあストーリーは置いておいて、周回の思い出としてはスカディがめっっっちゃくちゃ、便利でした。

 

 スカサハ=スカディの登場により、Wスカディシステムなるものがfgo界で提唱されました。クイック宝具持ちアタッカーによる宝具3連打による3ターン周回のことです。周回革命です。

 

togetter.com

 

 でもうちのカルデアにはスカディなんていないし、凸カレも持っていないし、関係ないな~と思っていたんですよ。

 しかしうちにはバサスロ(宝具レベル2)がいますし、孔明先生もいる。凸カレは持っていないけどカレスコ1枚(1枚しかない)はあるし、足りないNPはマスター礼装で補えばいい。なんかうまいことできないかな~と思って、フレンドから借りて周回に行ってみました。

 

 めちゃくめちゃ便利でした。スカディ。

 

 

 スカディ補助でバサスロ宝具連射で運が良くて3ターンで終わりました。4、5ターン以上かかっても、基本バサスロのカードを選べばいいから何も考えなくていい。そういう点で周回が楽なパーティでした。

 スカディのスキルでクイック性能があがりバサスロの宝具から出る星も50個近くでて飽和状態になるし、バサスロの魔力逆流でNPもチャージされて宝具が撃ちやすい。

 欲しい時にバサスロのカードが無くても礼装のコマンドシャッフル使えば出てくる。

 とりあえず宝具撃った後はバサスロのカードを選べばいいから、めっちゃ楽でした。脳死周回がはかどりました。

 

 元々バサスロはイベントの度に使っていました。

 どうしてかというと宝具使った後に大量の星が出て、それをバサスロのスキルによって星を集めることによるクリティカルで敵を沈めることができるからです。(スキルを使わなければ他のアタッカーにも渡せるし)

 1ターン目カレスコとNP補助を使って宝具を撃ち、2ターン目に出てくる中型エネミーをクリティカルで沈めることができるのが便利なんです。

 ただ宝具からの星が無くなった後が、ちょっとつらい…。

 それがスカディの登場で1ターン目宝具で雑魚散らし、2ターン目宝具で雑魚散らし+クリティカルで中型エネミーを倒す。3ターン目ボスの鯖にクリティカルを喰わらせて沈めることができるようになり、ますます便利になりました。

 

 バサスロはうちのカルデアの初星4でして、彼がスカディの登場でますます輝いているのが嬉しい…。

 ありがとうフレのスカディさん。期間限定の鯖かつ2部2章の素材を集めてスキルマにしたフレの皆さんはすごいです。私はまねできない…。

 

 

 あともう一つ便利だった周回パは、ギル+ニトクリス+W孔明。(くじ礼装全部のせ)

 敵が剣と殺の混合パのときに使っていました。

 こちらのパーティはツイッターで紹介されていた動画を参考にしたんですけど、うちでは安定して4ターン周回ができました。

 1ターン目、ニトちゃんのスキルでNPMax→宝具撃つ。

 2ターン目、オダチェン使い、孔明先生でNP付与(スキル1はニトちゃんに)、ニトちゃんのNPを満タンにして宝具撃つ。ギルは孔明先生のスキルでNP40貯まる+スキル3で自分で30チャージできるので、残りは黄金律とか使ってなんとか貯める。

 4ターン目、ギルの宝具撃つ。相手は沈む。

 こんな感じで終わらせてました。これもめっちゃ楽でした。

 今度のイベで敵がバーサーカーオンリーでも使えそうな、パーティ。

 

 

 2.高難度の思い出。

 

 ネロ祭り系高難度としては、今年はギミック凝っているな~という印象でした。

 ギミック覚えるのが面倒くさいという反面、こちらにもバフもらえるし、けっこう良い調整だったな~と思います。

 

 今年は令呪によるHP、宝具管理をしなくていいのが楽でした。後一手届かない場合令呪でどちらかを満タンにすることがあるので、令呪回復を見越しての戦いをしていたのですが、今年はギミックを理解していないと令呪を使っても無駄だな~と感じたのでどの戦闘も令呪使わずに勝てました。

 令呪を使ったときもあったのですが、そのときは負けました…。

 でもジャガー戦だけは何回やっても、令呪使って速攻かけても、フレから天草やオルタニキ借りても勝てませんでした…。

 

 個人的に難易度としては、

 

(難しい) ジャガー>>(超えられなかった壁)>>Xオルタ>>おむすび、フレイムゲート、摩天楼の怪人>>ドルセント>>>>フィナーレ (簡単)

 

 

 という感じでした。

  フィナーレが今年は簡単だったのがちょっと意外。タゲ取りでネロの宝具を受けてもらえばOKでした。

 でもギミック理解が面倒なのが続いていたので、フィナーレ難易度はこれぐらいのがちょうどよかったです。一昨年みたいな固いオジマン出て来られたらつらいし…。

 

 今回の高難度でお世話になったのは低レアは、ゲオルギウス先生、レオニダス先生、あと槍ニキ・クーフーリンでした。タゲ取りが便利だったのと、3回矢避けが強い!

 フレは主にオルタニキ、マーリンにお世話になりました。

 

 

3.ボックスは早々に開けるべきだと反省。

 

 今回の反省ポイントがコレ。

 ボックスは早々に開けるべきでした。

 多分ギル祭りが終わった後、虚無期間になるから強化大成功&極大成功2倍キャンペーンやってくれるんじゃないかな~と予想してまして、だったらキャンペになってからボックス開けようと思っていたのですが外れました。

 今まで20個ちょっとしか開けておらず、すぐ開けていたのでわかりませんでしたが、ボックス開けがこんなに虚無だとは…。

 10回交換をタップし続けてボックスを回す→プレゼントボックスに入りきらなくなった種火を所持枠に移し替え→あふれるから鯖に食べさせる。という一連の作業をするだけで1時間は軽く飛びました。楽しくもなんともない。アニメでも見ながらでないと、あまりの虚無っぷりに心がやられかけました。あと指も疲れた…。

 グラブルでもボックスはあるけれど精神やられたことないんですが、やっぱり100回一括開封機能があるからだろうか。

  

 

 

 そんなこんなでギル祭りが終わりました。

 ギル祭りのボックスで塵がいっぱいもらえたので、うちの英雄王をスキルマしてあげることができました。塵は初期実装素材だからか特に初期に実装された鯖が大量に要求しているような感じです。なので他の鯖に使うかもと思ってなかなかスキルマできませんでしたが、もらった分を英雄王につぎ込みました。塵は塵と消えました。

 

 ギル祭り終わったらしばらく虚無期間に入るだろうし、まだ進めていない2部2章をぼちぼち進めていこうかな~そろそろ3章来そうだし~と思っていたのですが、

 まさか今年のハロウィンが、2部2章参加条件だとは思いませんでした。

 しかも復刻メカエリチャンイベントが開催されてから、まさかの告知。

 これから去年お迎えしていない方のメカエリチャンをゲットしたあとは、2部2章を進めていきたいと思います。