インドア日記

ひきこもり系オタクの二次元記録用ブログ。アニメやゲーム、読書の感想を書いています。たまに日記的なものも。

映画感想『斉木楠雄のΨ難』

斉木楠雄のΨ難

 

 

 漫画の実写化というと見る前から地雷臭が漂っている気がして、 見てもいないのにそう決めつけるのはいかんけれども、いい印象が無い。

 もちろん実写映画でも大ヒットしたものは多い。でも実写映画として大々的に宣伝されたもののその後を調べてみると、大コケというのをよく見てしまう。

 けれども福田監督の作品は「ヨシヒコシリーズ」や「アオイホノオ」などでゲラゲラ笑っていたし、実写「銀魂」が「2」も作られるほど好評だったらしいので、漫画実写だからって決めつけちゃいかんよな、いい感じに仕上がっているのかもしれないと見てみることにした。

 

 

 

 結論から言うと、映画館で見ていたらがっかりしていたんだろうな…と私は思ってしまった。

 内容はあってないものでギャグがくどい。同じギャグを何回も繰り返している感じ。

 テンポが悪いから体感時間が長く感じるし、眠くなった。見終わった後マジで寝た…。

 ジャンプで原作漫画読んだことあるけれど、漫画の方はおもしろかったしアニメにもなるほど人気があったけど、映画はう~ん…。

 同じギャグ漫画でも銀魂はシリアス話もあり起承転結もあるけど、こちらはシュールコメディだから実写にするのが不向きな作品なのかもしれない。

 深夜ドラマでやれとも思ったんだけど、最近の深夜ドラマは映像も凝っている面白い作品多いし、深夜ドラマと比べちゃいけないよな…。

 テンポの悪さはどうにかならなかったのかなあ?

 

 

 山崎賢人くんの再現度はなかなか良いと思う。

 クールキャラでほとんど喋らず心の声でツッコミを入れる主人公だから、演技の必要ないじゃんと最初の方まで思っていたんだけど、ずっと無表情を続けるのは大変そう。人の妄想の中で変顔をしているシーンもあったので、それも大変だったかも。

 けっこう山崎賢人くんの顔のアップが多かったので、まじまじと見ることができた。ファンは嬉しいかも?

 あと橋本環奈ちゃんが悪い声出して、鼻の穴を見せてくるのが見れる。1000年に一度の逸材、体張ってる…。銀魂でも神楽ちゃんやってるらしいし、体張ってるなあ…。

 他の俳優さんたちも体張っておかしなことやっていて、くすっと笑えるんだけど、それも何回も続くと、くどいというかなんというか…。

  

 

 

 漫画原作の映画で山崎賢人くんの名前をよく見るので「また山崎賢人くんか~」と少し前まで思っていたけれど、最近は「また山崎賢人くんか…君も大変だね…」と思うようになってきた。