インドア日記

ひきこもり系オタクの二次元記録用ブログ。アニメやゲーム、読書の感想を書いています。たまに日記的なものも。

アニメ感想『Fate/Apocrypha』

 

 原作は未読だったけど、Fateシリーズは色々と履修済み。

 sn、HAはゲームやった(UBWアニメは途中と最後しか見れなかった)。

 zeroはアニメ視聴済み。Extra、CCCはゲームプレイ済み。

 ついでに現在、fgoプレイ中(一部終了。1.5部はアガルタまでやった)です。

 型月を知ったのは、高校生時代に読んだ空の境界。当時ものすごくはまって何度も読み返していたけれど、Fateシリーズは知らなかった。

 zeroアニメでFateシリーズを知ったけどその時はまだはまらず。本格的にはまったのはExtraのゲームをプレイしてからで、それからシリーズを逆行していくようにプレイしていった。

 Apoは内容知らなかったので、この機会にアニメを見てみることにした。

 

 

 個人的面白かった度 ★★★☆☆ (終わりよければ全てよしで★3.5ぐらいかな)

 

 原作未読でアニメも基本一回しか見ていないし、自分が理解できていないだけなところも多いと思うけれど、snやzeroに比べて、少しパンチが足りない気がした。

 最後は勢い良かったし、作画もすごかったし、燃えたし、ラストは綺麗だったんだけどね。

 各々のキャラは嫌いじゃないし、皆いいキャラしていたと思うけど途中途中「?」って思うこともあって。

 たとえば、ジークフリードホムンクルスのジークくんに自分の心臓をあげるところとか、「え、そんな簡単に渡しちゃっていいの!?」と思ったし。

 アタランテ姐さんが、ジャックを殺されたことでジャンヌを恨んでいたけど、「成仏できたならよかったのでは?」と私は思っていたので、アタランテがブチ切れているのが理解できなかった。

 ちょっと黒のマスターたちも残念な人多かった。セレニケさんとかアストルフォをペロペロしていた印象しかない…。ゴルドおじさんは少し成長できていたようなので、いいんだけど…。カウレスくんとかお姉ちゃんとかよかったんだけど。

 あと、ジークくんめっちゃ強いなあ…。ジークフリードに変身で来て、アストルフォのマスターにもなって、最後はフランちゃんの宝具の欠片(なのだろうか?)が体内にあるから天草と互角に戦えて…。最後竜になって世界の裏側に行ってしまった…。

 

 

 でもApo見ていていいなあ、という部分もあった。

 まさか、数年ぶりに鶴岡さんのジルを見られるとは思わなかった。ジャンヌに会えてよかったね…。ジャンヌに旗をまかされたジルにちょっと感動しちゃったりした。

(スパルタクスの演技もおもしろかった。アッセイ!!)

 ジャックによって人の悪意を見せつけられて、ジークくんが迷うのも人間ではないホムンクルスである彼しかできないし、そのうえで「人類の善性」を信じるジークくんの言葉にはぐっときた。

 ラストは作画も相まって、熱かったねえ…。

 最後、ジャンヌがジークくんのいるところに行ったのも、snのラストエピソードを彷彿させたしね…。(死者である彼女はどうやっていったんだろう、と思ったけれど) 

 

 

 ツイッターなどで、Fateの解説や考察を読んで楽しんでいるけど、一通りアニメ、ゲームで作品に触れているけど、Fateはなかなか語れないですね。難しい。