インドア日記

ひきこもり系オタクの二次元記録用ブログ。今年は一歩活動的になる予定なので三次元の雑記も。

2018年秋アニメ、1話見た感想。

 

 夏の殺人的な熱さが過ぎ去り、朝晩が涼しくなってきた今日この頃。

 40℃近くの気温が続いたときは流石にいつ終わるんだろ…と途方にくれたものですが、天高く馬肥ゆる秋、秋アニメがぼちぼち始まりました。

 始まった…といっても、この感想をアップするころには、もう2、3話進んでいるものも多いと思いますが、書いている人は2、3話の情報を得ずに単純に1話見た勢いのまま1話見た感想を書いております。ご了承ください。

 

 

 

 

 

1.Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

 

 アニメじゃなくて人形劇だけど、この括りのなかに入れとく。

 今期一番楽しみにしていた作品。

 台湾の伝統的な人形劇、布袋劇と脚本家の虚淵玄のコラボ作品。

 1期1話で人形の首が吹っ飛んだ、あのサンファンが帰ってきたぞー!

 個人的には今期で一番楽しみにしていた作品。1期は人形劇なのにキレのあるアクションシーンを見せつけられ、人形劇であんなことできるのかと驚かされるし、ストーリーも中盤まで王道物語だったのに途中から凜雪鴉のクズっぷりが明らかになって、最後は殤不患のチートっぷり熱い展開に毎週続きが気になって、アニメは録画してためて見る派の自分だけどすぐ見ていたぐらいだった。

 2期は「西幽」から殤不患を追ってきた敵が沢山出そう。赤毛の琵琶法師みたいなお兄さんも出てきて、OPでは3人揃って立っていたけどどんな話になるのやら…。

 1話ラスト、凜雪鴉が「鬼鳥」と名乗って出てきたけど、もう「お前、何企んでやがる…」という目で見てしまうのが、1期とは違うなあと思った。

 

 

2.ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

 

 ジョジョの5部。原作は未読だけどアニメは1~4期まで視聴済み。

 ネットやっているからところどころのジョジョネタは知っているけど、5部の全体としてのストーリーは知らない。

 4部の康一くんが人探しにイタリアに訪れて、ジョルノに旅行鞄を奪われて、ジョルノはオカッパのスタンド遣いに汗舐められて「嘘をついている味だ!」と絶体絶命になったところで終わった。本筋しらない初見のざっくりとした要約で申し訳ない…。あと名前がまだ覚えられない…。

 主人公ジョルノのボイスが康一くんが言った「爽やかな奴でした」というセリフ通りに、爽やかボイスだった。

 続きが気になるのもそうなんだけど、康一君はちゃんと鞄を取り戻せるのかも気になっている。これで康一くんの出番終わりってことは無いといいなあ…。

 

 

3.転生したらスライムだった件

 

 …この作品の原作、父親がネットで読んで、すごくはまっている。

 異世界転生もの、いわゆるなろう系ってパターンが一緒でしかも女の子がすぐ惚れるハーレムもののイメージしかなくて、最初は見ようと思っていなかった。

 でもアニメやっていて、父が原作ハマっているの知っていたので試しに「アニメやってるよ? 見る?」って聴いたら「見る」と言われて、じゃあついでに見てみようかな、と視聴。

 1話見てみたところ、通り魔に殺されてスライムに転生してドラゴンとお友達になって…という説明回だったので、おもしろいかどうかの判別はまだできないかなあ。でも作画が綺麗でよかった…。父はアニメに満足していた。

 死ぬとき「ハードディスクの破壊」を後輩にお願いするのは笑っちゃったし、死ぬ間際に後輩が主人公を誘ったの「彼女を自慢したかった」と言っていて、自分が同じ立場(年齢=彼女いない歴)だったらブチ切れていたな…とは思ったかな。なんというか、さっさと転生させないといけないからか、主人公の死が軽いなーとは思いました。

 父がそこまでハマる理由がイマイチよくわからんのですが、父はFFやドラクエといったゲームをやったこと無い人間なので、そういう世界観がすごく斬新に見えたのだろうか。

 

4.火ノ丸相撲

 

 原作はジャンプで連載中の相撲マンガらしい。

 相撲に興味がないので、アニメ最初は見ようと思わなかったんだけど、PV見たら主人公なんかいいこと言ってるな…と感じて、見てみることにした。

 結論から言うと、1話はすごく王道でおもしろかった。

 なんかいいこと言っているなというのは、横綱には心技体が必要で主人公には体、立派な身長が無い。だから「その上、心まで失うわけにはいかんのじゃ」というセリフだった。PV見て感じたこと忘れて、1話見てたらまた「おお!」となった。いいセリフだな~。

 主人公火ノ丸くん、その熱さに味があるというか、気になるキャラクターなので視聴継続してみる。体の傷はどうしたんだろう…?

 

 

5.ゾンビランド・サガ

 

 タイトル見て最初、佐賀県ゾンビランドになっちまったの?と思ったけど、いやいや佐賀じゃなくてSagaか。サーガのほうかなと見てみた結果、やっぱり佐賀だった。

 初っ端から勢いすごい。宮野真守の演技の勢いもすごい。勢いがすごすぎて、素の宮野真守にしか聞こえない。

 宮野真守…ではなく、cv宮野真守のキャラクターが「佐賀を救うためだ」と言っていたけれど、最後の方のライブシーンを見る限り普通の人間もいっぱいいたから、別に佐賀県ゾンビランド化していないと思うんだけど…。

 もしかしてそのセリフの意味はゾンビ関係なく、地域を盛り上げないと過疎がヤバいという地域振興的な「佐賀を救うため」なのだろうか…? 

 

6.BAKUMATSU

 

 元々は『恋愛幕末カレシ』というスマホゲームで、このアニメはゲームに出てくる高杉晋作を中心とした外伝らしい。

 今、自分のなかでも幕末ブームが来ているからちょっと見てみたら、私の知ってる幕末と違った。BAKUMATSUだからか…。

 高杉と桂が歴史が変わった日本に迷い込む…みたいな話だったんだけど、彼らがいた元々の日本からして、私の知ってるのと違う気がしたんだが…。

 あとキャラクターの見分けがつかない。みんな同じ人に見えるんだけど…。声でしか判別できないんだけど…。年かな。

 話の内容はツッコミを入れながら見たほうが楽しいかも。ニコニコでコメ付きで見ていたらおもしろかった。

 銀魂で坂本をやっていた三木さんが、こっちでも坂本龍馬を演じているのはちょっと笑ってしまった。

 

 

7.からくりサーカス

 

 原作は未読だけど、ネットでよく名作だと言われているのを目にしたことがあるので見てみた。

 話に引き込まれるような1話だった。

 しろがねの登場シーンが綺麗で、「あるるかん」という人形を使ったバトルシーンがかっこいい。

 本当に原作知らなくてアニメPVを見たぐらいだったので、しろがねがクールなお姉さんなのかな…と思っていたけれど、ちょっと柔らかいようなちょっと頼りないような、かわいい声を聴いたときびっくりした。ポケモンやコナン以外で林原めぐみの声を聴いたのは久しぶりのような気がする。さすが…。

 かなり気合が入っているアニメだと感じた。原作は単行本で全43巻。アニメは3クールやるらしい。1話のクオリティのまま最後まで頑張ってほしいなあ。

 純粋に続きが気になるので視聴継続決定。これからどうなるかが気になるからってネットに散らばるネタバレを踏まない様に我慢したい。

 

 

8.ゴールデンカムイ (第2期)

 

 江渡貝くう~ん話から再開したゴールデンカムイ(第2期)

 濃い。濃すぎる。原作漫画見たときも笑ってしまったが、アニメでも笑ってしまった。江渡貝くんのあのファッションショーちゃんとアニメできるんだろうか、謎の黒い線入るんじゃないかと心配(?)だったんだけど、そのまま放送されていた。

 親分と姫の回楽しみにしてます。

 

 

9.SSSS.GRIDMAN

 

 PVのグリリバの声に惹かれて、ちょっと見てみた。

 起きたら記憶喪失になっていた主人公、古いジャンクになったPCから「使命を果たせ」と言ってくるグリッドマン。現れた怪獣。

 1話は「なるほど、わからん」だったんだけど、見ていてドキドキした。

 グリッドマンが怪獣と戦うシーンはまるで特撮みたいだったし、BGMが特撮っぽかったのがすごく耳に残っている。原作は特撮だったらしいので、意識しているんだと思う。

 ヒロインの女の子のセリフ回しとか色々なところで、リアルっぽさが感じたのが印象的だった。

 あと主人公、寝て起きたら記憶喪失になっているのに、周りそんなに騒いでいないというか、主人公も周囲に溶け込めているのが、なんだかあっさりしているな~と思った。そこを引っ張ると話進まないからだろうか。

 

 

10.抱かれたい男1位に脅されてます。

 

 BLアニメ。

 私、腐ってはいないんだけど、世の中の乙女たちはBL好きの人も多いし、そういう乙女たちの人気が高いからアニメ化もされたんだろうし、普段そういう作品見ないので怖いモノ見たさというか、つまり、ちょっと気になるから見てみた。

 結論から言うと、エロい! 紙の媒体…原作は読んだことないけれど、以上に声優さんの熱演が加わって、エロさに拍車かかってる気がする。

 こっっっ恥ずかしくて、素面じゃ見ていられねえよ!!!! ニコニコでコメ付きじゃないと見られねえ!!!

「え」「あ」「え―――!」「あばばばば!」とリアルに声をあげ、PCの前でリアルに口を押えながら見ていた作品だった。

 

 

 

 今期、割と豊作じゃない?

 原作アリのアニメでは、毎回スタッフさんの熱が感じられてクオリティの高い「ジョジョ」は5部でも1話よかったし、「からくりサーカス」も続きが気になる感じでおもしろかった。

 オリジナルでは「ゾンビランド・サガ」はやりたい放題やっている感じの勢いがすごかったけど、でもまとまっておもしろかったし、ダークホース枠になりそう。

 個人的にはB級アニメ臭がプンプンする「BAKUMATSU」はネタ的な意味でニコ動でコメントと一緒に見るのが面白かった。

 

 

 

 どれも切るのが惜しいようなアニメが揃ってる今期。視聴完走したら2018年秋アニメ感想という括りでまとめて、また感想を書いていきたいと思っています。