インドア日記

ひきこもり系オタクの二次元記録用ブログ。アニメやゲーム、読書の感想を書いています。たまに日記的なものも。

Fate/EXTRAシナリオ集は、EXTRA入門にも既にゲームプレイ済にもオススメ。

 

 FGOやアニメのラスアンで、ネロや玉藻、他のEXTRA鯖を知っているけど、原作ゲームをプレイしたことがない、という人も増えてきたと思う。

 wikiで調べたらEXTRAは2010年発売。私が初めてFateシリーズにはまった、続編のCCCは2013年発売だった。要するに古いゲームだから、原作知らないという人が増えているのは仕方がない。

 

 

 

 EXTRA気になっているという人で、原作ゲームを遊んだことがない人は、ぜひ遊んでみてほしい。

 何でかと言うと、もったいないから。

 ゲームで遊べばEXTRA鯖をもっと深く知ることができるし、またサーヴァントだけじゃなくマスターもみんな個性的でそのサーヴァントとマスターの絆もいい。

 ムーンセルのマッチングによって基本どの組も仲がいいし、マスターとサーヴァントはお互い共通しているところがあるので、それに気づくと「…尊い」となるのから、まあ、なんだ、とにかくやってみてくだされ―――!

 と沼に突き落としたいんだけど、原作ゲームをプレイした人間としては主にゲーム性の観点でオススメしづらいところもあったりするのだ。

 まず、初めてこのゲームを遊ぶときは、ゲーム機本体、ゲームソフト(DL可)のほかに、紙とペンが必要になるからだ。

 紙とペンである。

 このEXTRAの戦いは作中でも何度か言及しているように、情報戦だ。

 それはゲーム内のバトルでも反映されていて、相手の手の内を読む必要があり、言ってしまえばじゃんけんゲームになっている。レベルを上げて物理で殴っても、相手のグーのコマンドでチョキを出してしまったら負けてしまう。

 それは雑魚戦でも同じで、相手のコマンドはほとんど開示されていない。

 ではどうするか、というと、敵ととりあえず戦ってみて相手のコマンドパターンをメモし、メモをもとにパターンを推測して勝つのだ。雑魚戦の場合、何度か戦うと敵の情報を覚えてくれてコマンドを開示してくれるけど、それまでメモをとっておいたほうが手っ取り早い。特に1週目は尚更。

 その作業をもう一度初めからしろ、と言われると、正直に答えるとちょっと面倒くさい。それを人に我慢してプレイしろとは言えない…。

 

 

 さらに、無印ではゲームを進めるうえで避けて通れないアリーナ内で、セーブができない。うっかりミスって死んでしまったら初めからやり直しになってしまうのだ。

 これも、1週目なら少し辛いと思う…。 

 

 

 それも込みでEXTRAというゲームだし、じゃんけんゲームというシステムも慣れたらおもしろいので、ぜひゲームで遊んでみてほしい。

 でもそんなメンドクサイのはちょっと…。シナリオだけ知りたい…という方はこちら! シナリオ集ありますよ!

 

 その名も、Fate/EXTRA MOON LOG:TYPEWRITER』

 

 

Fate/EXTRA MOON LOG:TYPEWRITER I【書籍】

 

 

 

Fate/EXTRA MOON LOG:TYPEWRITER II【書籍】

 

 上下2巻かつ圧倒的ボリューム! 

 ワダアルコ神のふつくしいイラスト付き!!

 君も岸波白野が駆け抜けた月の聖杯戦争の物語を読もう!!!

 

 

 

 ここからはEXTRAゲームを何週もプレイした人目線の感想になるけれど、ゲームプレイしてシナリオ知っていたけど、買ってよかった。

 まず各自鯖(セイバー、アーチャー、キャスター)や、選んだヒロインの台詞の差分が並べて見れて面白い。同じことを言っていても、キャラによって言い回しが違っていて、これがなかなかおもしろかった。

 また、ゲームには収録されていないボツシーンが書かれていることも興味深かった。『ヒロイン分岐:レオ(原文ママ)』っていうのも入っていて、本編に入れてほしかったな~と思ったりもした。見たいよ…レオルート。

 あと個人的に「これはうれしい…。圧倒的、感謝…!」と思ったのは、決戦前会話の分岐が全部見れたこと。

 このEXTRA、こっちの選択肢も選んでみたい。この選択肢を選んだら相手の反応どうなるんだろう…というものが多くて、私はゲーム本編で遊んでいたとき、選択肢が出るシーンの前でセーブして両方の選択肢の反応を見ていた。

 もちろん敵マスターとの決戦前の会話でもそうしていたんだけど、この決戦前会話は道中のシナリオよりも選択肢多いし分岐も多いのだ!

「セーブ→ロード」を繰り返すのつらくなるぐらいで、あきらめてしまっていた。

 でもシナリオ集ならその選択肢の反応が全部見ることができる。ありがたい…! 

 

 

 

 ちょっと残念だな、と思ったところは、モブの会話見れないこと。

 こればっかしは収録したらボリュームがとんでもないことになるから仕方がないんだけど、モブのセリフも時間経過とともに変わっていったりしておもしろいのだ。

 あと、誤字がちょこちょこあったりしたのも残念だった。きのこ…。

 

 

 

 とシナリオ集オススメしたけど、やっぱりゲームで遊んだ方が感動もひとしおだし、共に戦ってきた自鯖に愛着持つから、シナリオ集でEXTRA履修するのもいいけど遊んだことない人はゲームで遊んでほしいなあ~と思います。

 紙媒体では聴けないボイスが聴けるからね! 凛々しい皇帝陛下の声を聴いてみてくだされ。

 

 

 ちなみに、現時点ではまだ途中だけど、続編のCCCもシナリオ集が出ている。

 最後まで発売されたら買い揃えるつもりだ。

 自分はまず続編のCCCを遊びEXTRAを始めたという、逆行した遊び方をした。

 実はこのやり方、オススメできない。

 できないこともないんだけど、EXTRA先にプレイしていたら、衝撃すごかったんだろうなと思うことがあった。特にユリウス。

 だからCCC遊びたいと思っても、先にEXTRAを遊ぶのを強くオススメしたいです。

 またCCCではEXTRAのシステムが改良されていて、例えばアリーナ内でセーブできるようになっているなど、けっこう遊びやすくなっている。

 それに収録されているボイス量も増えていて、声優さんの演技もすごいので、CCCをシナリオ集だけで終わらせるっていうのはもったいないので、ぜひ遊んでみてください。